フラット35という名前の住宅ローンとは?

フラット35という名前の住宅ローンフラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事です。
フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。
という事です。
特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。
ただ厳しい審査が待っています。
フラット35のローン審査は、一般的な物と少し目の付けどころが違います。
フラット35だからといって、審査内容が甘い。
といった事もありません。
一般的な住宅ローンと一緒です。
担保として十分かどうか、という点を重視する。
という事です。
これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。
という方も多いです。
住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要です。
住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査はとても厳重に行われます。
審査の結果は約1週間前後で電話もしくは口頭で伝えられます。
審査結果によっては、残念ながらローンを組む事は出来ません。
見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。
契約の時は、指定された必要書類をすべて揃える他実印や諸費用なども必要になります。
諸費用は借りる額によって金額が変わるので、事前に銀行側から指示がされます。
たいていの場合、数十万〜数百万単位の金額が指示される様です。
住宅ローンを組む際はまず、どの金融機関に融資をお願いするか決めないといけません。
銀行・ネットバンク・労金・信用金庫など住宅ローンを承れる金融機関は数多くあります。
各金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特別大きな違いはありませんが、店舗が存在しないネットバンクは、取引をすべてネット上で行う事になります。
わざわざ店舗に行かなくて良いのでとても人気があります。
店舗がないので色々な面で経費削減ができ、金利が低く設定できるのも特徴です。
ネットバンクは月の支払いを少なくしたい方や忙しい方におすすめの住宅ローンです。
住宅を購入する際は色々な費用・頭金が必要です。
頭金が0円でもOK!と言った広告も目にしますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。
月々の支払いを少なくしたいのであれば、やはり、最初に頭金を少し支払いましょう。
頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅購入には他にも色々な費用がかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。