クレジットカード使用手数料

クレジットカードを使った時に手数料を請求されたという人がいるようです。
クレジットカードの使用手数料には、カード会員が支払うものと、加盟店が支払うものがあります。
クレジットカードで決済を行い、分割払いに設定するとカードの利用者に手数料がかかります。
この他にかかる手数料は、年会費やローン利用をした時などです。
これに対して、クレジットカードの加盟店はクレジットカード決済をした人がいた時に、決済額の3~7%をクレジットカード会社に支払います。
いずれも支払先はクレジットカード会社です。
例えば、クレジットカードの決済時に、手数料という名目で上乗せされた金額をそのまま支払ったという経験はないでしょうか。
カード使用料とは、加盟店側がクレジットカード会社に払わなければいけないものです。
カード会員に肩代わりさせる目的で上乗せしているので、お門違いというものでしょう。
支払う必要はありません。
クレジットカード会社に支払う手数料が浮くため、現金払いでの買い物を最初から安く設定している加盟店もあります。
現金払いならば間違いなくお金が手元に入りますし、手数料を支払う必要がなくなるため、現金払いを歓迎する店は多いようです。
支払い時につくポイントに差をつける店もあるようです。
クレジットカードを使った買い物をする時は、手数料が上乗せされていないかチェックしてみましょう。