ノーノーヘアの安全な使い方

ノーノーヘアは熱線で毛を焼く処理の方法なので、相当な高温になっていることが予想できます。
熱戦はサーミコンチップがお肌に接触する面から1ミリ引っ込んだところにあります。
このため、ごくたまにお肌が熱線に触れてやけどをしてしまうこともあります。
比較的柔らかい皮膚で、凸凹がある場所ではやけどをしやすいので要注意です。
とく注意が必要なのはほくろです。
ほくろは盛り上がっているので、そこをノーノーヘアで処理しようとすると、確実に熱線に接触してしまいます。
必ずやけどをしてしまうので、ほくろは避けて処理するようにしましょう。
せっかく肌へのダメージを最小限に抑える器械を使っているので、怪我のないように、安全に使うようにするといいですね。
ノーノーヘア評判