看護師は給料が良い?

看護師は良い給料をもらってはいますが、実は純粋に多いというよりも、夜勤の手当てを含めて給与が増えているという状態です。
たとえば看護師としてより多く稼ぎたければ、職場選びの際、日勤だけではなく夜勤で働けるところにしましょう。
当然ですが、夜勤の時間帯の勤務の有無によって給料の額は違ってきますよねー★最近多い二交代制や三交代制などの勤務形態、所謂「シフト勤務」としてスケジュールを組んで24時間業務の仕事をこなす仕事のひとつに、看護師があります。
外来の看護師であれば日勤のみということもありますが、ほとんどの場合、病棟に多くの看護師が必要になるので、看護師経験が浅い間はシフト勤務は避けて通れないと思います。
妻が看護師で、子供が幼い時にシフトで働いていました。
ですから、夜勤の時は代わりに私が子供を見るのですが、上手く寝かしつけることが出来ずに苦労した覚えがあります。
全国の病院や様々な医療機関では、長い間ずっと看護師が足りないの現実が解消されずにいますよねー★そのため、就転職に関して看護師は極端な売り手市場であるといえますよねー★看護師資格を取得していれば、希望条件を満たす最適な職場を比較的簡単に選択することが可能です。
看護師という職業は、ものすごくハードです。
夜の勤務も交代で勤めなくてはなりませんし、病院も経営難だったりして、少人数で回していかざるをえないのが現状です。
過労がもとになって、鬱病の症状が出る人も多くて、辞めてしまう割合もかなり高いのです。
看護師が白衣の天使とはいっても、現実では、楽な仕事とはとてもいえません。
看護師として外科で働く際の良い部分と、悪い部分について知っておきましょう。
手術を受ける前の患者や術後の患者のケアを行うことにより、スキルアップに繋がります。
良くない面を挙げると、一人の患者を担当出来る期間が術前術後に限られることが多いこともあり、長期に渡って落ち着いてそれぞれの患者の経過を診ていくことが出来ないという点です。